> 消費者金融借入履歴と住宅ローンについて

消費者金融借入履歴と住宅ローンについて

消費者金融借入履歴があると、住宅ローンの審査のときに引っかかることがあります。
住宅ローンというのは不動産を担保に入れて融資を受けるタイプの借入ではありますが、
長期的に高額の融資を受けるものですので、
完済するころには物件の価値がほとんどなくなってしまいます。

そのため、基本的には審査で重要になるのが長期的に
返済をしていけるだけの能力があるかどうか、保証人の身元が確かかということですので、
消費者金融借入履歴というのはネックになってきます。

滞納や債務整理がある場合

ローンの審査を受けるときに、消費者金融借入履歴の残高が
ほとんどないような状態であったり、既に完済しているような場合には
それほど重要視されないこともありますが、過去に債務整理をしていたり、
支払いを長期にわたって滞納していた場合などは融資を断られる可能性が高いです。

消費者金融借入履歴というのは、いわゆる信用情報に掲載されています。
どこの会社からいくら借入をしているかという情報以外にも、
支払いの状況や債務整理の有無など、他社の取引であっても知ることができます。

5年~7年で消える借り入れ履歴

ただ、これらの内容は数年で消去されることがほとんどですので、
何年も前に債務整理をしたからといっていつまでも融資が受けられないわけではありません。

整理した業者では半永久的に履歴が残りますが、
取引をしていなかった業者からの融資であれば、
5~7年程度経過したころには再び利用できる場合もあります。
これは住宅ローンでも同様です。