> 住宅ローン借入条件

住宅ローン借入条件

住宅ローンでの借入条件は様々なところでチェックされます。

年齢

まず、一番重要なのが年齢になります。最低でも80歳までに完済は条件とはなりますが、
この完済時の年齢はもっとも重要視される項目になります。
そしてこれと似ていますが借入れ時の年齢も重要な要素となります。
どちらもあまりに年齢が高いと審査に通らない可能性があります。

例えば50歳で30年ローンを組むとなると定年後の期間が長すぎて難しい可能性が高いです。
次に年収と返済率になります。返済率は基本的には25%程度
にすることが基準となっています。銀行では最大40%まで一応見てくれるときもあります。

雇用形態

そして、次の要素として雇用形態になります。
もちろんですが、正社員が一番よくてその後に契約社員とバイトと続きます。

また、単純な雇用形態だけではなくそこに属している年数も重要な要素となってきます。
大体の場合3年以上はほしいところですが1年でもいい場合も存在します。

他の借入れ状況

次の要素としてこの住宅ローン以外の借入れ状態も見られます。
あまり他のカードローンなど使っていると審査に不利な可能性が高いです。
住宅ローンを組む前にはしっかりとこのへんの返済はしておくべきです。

健康状態

次の要素としてその借りる人の健康状態が上げられます。
団体信用生命保険の加入が条件になりますので一定以上の健康状態を保っている必要があります。

これが、借りる人の返済能力に対する審査項目ですが これ以外にも担保物件の評価であまりに高額な住宅ローンが組めない場合も存在しています。 なのである程度の金額の頭金が必要となるケースも存在します。