> 住宅ローンの借り換え

住宅ローンの借り換え

住宅ローンの借り換えについて

借り換えとは、新しい金融機関から借入して、
現在借入している金融機関のローンを完済することです。

例を出すと、3500万円借入残高があるとしたら、新しい金融期間で3500万円借入して、
そのお金を使って現在借入している金融機関に3500万円返済して完済してしまうという事です。

何のために?

借り換えするのに時間がかかったり、面倒な事もあるので、
どうして借り換えなんてするのかと思うかもしれませんが、
現在借入している金融機関よりも金利の低い金融機関で借入するとどうなりますか?
総返済額が減りますね!利息を減らすために借り換えをするんです。

注意する点

住宅ローンの借り換えに他に費用がかかります。

  • 印紙代
  • 事務手数料
  • 保証量
  • 抵当権設定料
  • 繰上げ返済手数料
  • 抵当権抹消費用

借入残高や残りの返済年数によって費用が変わってくるのですが、

  10年 20年 30年
1000万円 24万円 30万円 34万円
2000万円 37万円 50万円 59万円
3000万円 50万円 69万円 82万円

※目安としてお考えください。上下します。

上記表を見てもらうとわかるのですが、例えば2000万円で20年返済が残っている場合
借り換えを行うと諸費用が50万円程かかります。
なので、借り換えした時に利息を50万円減らせないと、
借り換えの意味がまったくないことになります。
借り換えについては諸費用なども計算にいれて、メリットがある場合、借り換えをしてください。
シミュレーションが出来るWEBサイトがあるので、シミュレーションしてみてください。